Identity =自己同一性、同一性、主体性
人格における同一性、ある人の一貫性が成り立ち、それが時間的、空間的に、他者や共同体にも認められること。

大変重要な言葉です。この言葉を紐解くのも、大変重たかったのですが、お付き合いいただければ幸いです。
簡単に言えば、あなたは何者ですか?に対する答えです。
あなたは何者ですか?と聞かれれば、どのようにお答えになるでしょうか?
まず、国籍、名前、会社(仕事)などがあります。
パスポートは、これらの項目で、アイデンティフィケーション=個人識別します。
また、戸籍には、家族環境が含まれます。履歴書には、学歴が含まれます。
このように、自分を社会的に規定するもの、これらはアイデンティティの一部です。

アイデンティティの一部とした理由は、これらは外部から規定したものだからです。極端な例を出しますが、これら社会的規定が無いと、無国籍無名という社会的には存在していない人になります。しかし、自分は消えてなくなる訳ではありませんし、肉体と精神は、ちゃんと存在します。肉体と精神というものは、その人の主体、中身です。アイデンティティにとって、主体や中身は大切であり、アイデンティティは社会的規定だけではなく、肉体や精神からも考えていくものです。アートオンデマンドで、この言葉を解説する理由は、むしろそうしていくことを推奨したいという文意があります。

参考になる文章を挙げます。
ヴィレム・フルッサー
「サブジェクトからプロジェクトへ」
「自我とは、集団に溶け込んだ上で結晶化してくる、氷山の一角に過ぎない。それは心理的過程が、イデオロギー的に物象化したものでしかない。無意識的なレベルでも定義可能なアイデンティティなどというものはない。」

宇波 彰(うなみ あきら)
「デザインのエートス」
「自己のアイデンティティは、他者との関係の中でのみ成立する。自己同一性は首尾一貫したものではなく、他者を自分の中に取り込んでいくことによって、アイデンティティを作って行くプロセスであると考えられる。自己同一性といっても、自己は最初から最後まで決して同一のものではない。まわりの存在を取りこんでいく主体は確かに存在しているが、それは最小限の自己(ミニマル・セルフ)として規定される。」

少々難しい言葉が並びましたが、彼らの解釈で共通するものは、アイデンティティを完全に規定することは出来ない、規定したとしても「氷山の一角」や「最小限の自己」でしかない、いうものです。そして、「自己は最初から最後まで決して同一のものではな」く、「他者を自分の中に取り込んでいくこと」や、「無意識的なレベル」からの働きによって、アイデンティティが変化していくものである、というものです。
アイデンティティの変化は、世界を捉え直していくことであり、「分裂してしまった人間と世界、人間相互の関係を回復させようとする試み」でもあると宇波 彰氏は言葉を続け、積極的な意味を付け加えています。

アイデンティティとは、外部と内面との接点
アイデンティティは、常に、影響を受けたり与えたりしながら変化する関係存在です。外部=環境を片方の端、内面=精神や心理をもう片方の端とする天秤があったとして、均衡が成り立っている軸を、自己と例えることが出来ると思います。ただ、両側の長さも重さも、均衡点も変化する天秤です。アイデンティティにおいて、外部と内面はつながっていますし、固定的なものとして考えることは出来ません。

ところで、あなたは何者ですか?と問われるなら、どのような所属で何に従事していると、説明することでしょう。他の人があなたのことを説明する場合も、そうである場合が多いでしょう。あなたの内面を、「この人はシャイだけれど優しくて、、。」と説明することは、よほど親しい友人か家族の場合に限られると思います。このように、外部から規定されたことが常に先になり、内面は後回しにされます。また、現代社会は集団管理され、人間性というものが、ビジネス上どんどん希薄になっていますので、内面はここでも後回しにされます。

外部規定に対して、個人の内面というものは、注意を払うことも、なかなか向き合うことも出来ず、(自分自身の心であるにもかかわらず)放っておかれることが多いのではないか?と思います。そこで、アイデンティティをきっかけに自分の内面を考えていく、それは「分裂してしまった人間と世界、人間相互の関係を回復させようとする試み」になると、氏は指摘されています。「試み」を行うのは、他でもない自分、ということでもあると思います。

内面には、心、精神と言われるものがあります。
そこから、性格や嗜好などが生まれてきます。
生まれ持って備えているもの、両親から受け継いだ肉体(遺伝)や素養など、先天的なものがあります。
生きていく中で身に備えていったもの、環境や教育から身に付いた知識や技術などがあります。これらは後天的なもので、外部環境から影響されたものが多くあります。どなたでも、多くの思い出や経験が、想起されるはずです。自分の片側の天秤が、だんだん存在感を増してくると、均衡が成り立っている軸も、おぼろげながら浮かび上がってくるのではないでしょうか?

師の榎倉康二氏の作品には、波打ち際のセルフ・ポートレイトがありますが、この作品はアイデンティティというものを強くイメージさせるものです。絶えず気候や月の重力の干渉を受けながら揺れ動いている波打ち際、その境界線に、彼は自らの肉体をそっと横たえています。アイデンティティは、他者や自らに沿う感覚であると、私は感じます。

クリエイティブな領域では、アイデンティティという言葉が良く登場する
クリエイティブでは、自分の想像力が、起点になることが多くあります。では、何を想像するかというと、自分の体験して来たことを基に、違う人だったら?違う国だったら?違う時代だったら?などなど想像していくことになるかと思います。自分の体験していないことを想像するのは、難しいことです。つまり、必然的にアイデンティティについて、考えたり探ったりすることになります。

また、新しいものを作ったり、求めたりするのはなぜか?クールだと思うからです。なぜクールだと思うか?新しいものに触れたり取り入れることは、刺激的だからです。感動を求めてしまうからです。アイデンティティを通奏低音のようにテーマとした作品にも感じる「攻殻機動隊」、人間と機械との融合、AIの自律、更に集団的無意識との合流という背景は、今でも十分に刺激的です。作品から感動を与えられることは、自分の意識が揺さぶられ、変化させられていくように感じます。クリエイティブな領域で活動している人で、人が感動を覚えるような良い仕事をしたいと思っている方は、少なくないと思います。(個人的感想かも知れませんが。)これは、良いアートによってアイデンティティが揺さぶられたい、良いアートを作って人のアイデンティティを揺さぶりたい、という流れです。

また、個人が作品を作り、それを見た人が影響を受け、その影響がまた違う作品となり、他に影響を与えていくということは、美術史の流れそのものです。そこでは、作品の背景や動機、影響関係など、作者のアイデンティティと社会との接点が、多く論じられます。

このように、個人とアートと社会を結びつけるものとして、アイデンティティは便利な言葉なのです。

匿名のコミュニティーで、アイデンティティは成立しているか?
アイデンティティを探っていく過程で、自分のリアル、他者のリアルというものは明らかになっていきます。匿名のコミュニティーでは、自分のリアルが伝わりにくい、他者のリアルが感じ取りにくい、という状態にあります。ですから、ここでアイデンティティは成立していると思いません。
匿名のコミュニティーは、アイデンティティがはっきりしていない、未分化の空間とも言えます。例えば幼児期は、自他の分限、善悪の分別がまだはっきりしていないように、匿名のコミュニティーは居心地の良い空間でもありながら、分限や分別が効きづらい空間でもあります。昨今問題とされているネット・リテラシー上の問題は、幼児性による感情の放逸が招いていると、私は考えています。

アイデンティティー・クライシス
環境の大きな変化、心理的に大きな影響を受けた時に、アイデンティティは大きく揺さぶられます。環境と心理を両端とする天秤の、均衡が成り立っているのがアイデンティティが成立している状態、大きく揺らいでいる、あるいは振り切ってしまうのが、アイデンティティ・クライシスであると考えています。

アイデンティティ・クライシスを視覚化した好例は、ムンクの「叫び」だと思います。以前、精神分裂病と言っていたものは、現在、自己同一性障害という言葉に代わりました。これら例は分かりやすく、病的イメージに結び付きがちです。しかし、何か変化が起これば、天秤が揺れ動くということなら、これは誰にとっても日常茶飯事であると言っても過言ではありません。アイデンティティの成立およびアイデンティティ・クライシスは天秤の動きの大小であり、人それぞれグラデーションがあるものと考えます。

また、アイデンティティの成立が、ある日突然、悟りが開けるように生まれるとも思いません。自分のリアル、他のリアルを捉えていこうとする、主体的な積み上げがあるから、均衡する位置が定まるのだろうと思います。また、ある日突然、振り子が振り切れてしまって、精神疾患になるとも思いません。自分という主体が希薄になっていった結果、均衡点を見いだせない、或いは調整出来ないという状態が続けば、誰もが病を得ることは在りうると思います。

自分のリアル、他のリアルを捉えていこうとする、主体的な積み上げ、これはアートを作るうえでも、キーワードになるものだと思っています。そして、アイデンティティは、主体的に探ったり納得したりしていくものになります。アートオンデマンドでは、皆さんの、自分自身の心というものを大切にしていただき、自分を探ったり納得したりする機会を提供したいと思っています。